学研の幼児ワークで、ひらがなの練習中!【「わたしとことりとひなと」第10回 作:ふるえるとり】

更新日: 公開日:

TwitterやLINEスタンプで大人気のふるえるとりさん。長女のことりちゃんは4歳を迎え、ワークにも意欲的に取り組んでいるそう。今回は学研の幼児ワーク「4歳 ひらがな」にチャレンジしました!

「4歳だから、ひらがな、できるよ」と大はりきり!

学研の幼児ワークで、ひらがなの練習中!【「わたしとことりとひなと」第10回 作:ふるえるとり】

(ワークを手にした当初)4歳になったばかりのことりさん。
「4歳用?4歳だからできるよ!」と張り切っています。

「4歳用?4歳だからできるよ!」と張り切っています。

このころは、もうひらがなの読みはほとんどできていたので、ワークを開くなりシールを貼るページからどんどん進めていきました。やっぱりシールが大好きなことりさん、ごほうびシールでさらにやる気アップです!

1ページずつ作りが違い、しりとりあそびになっていたり、クロスワードになっていたり。問題ごとに楽しめる仕組みがあり、飽きることなく進めることができます。

ひらがなの「書き」のページは「く、へ、し…」などと簡単な形のひらがなから徐々に複雑な形のひらがなへ発展していき、達成感を味わいながらステップアップしていけるような構成になっていました。ことりさんは「す」のようにぐるりと円をえがく形を書くのが少し苦手で、少しつまずいた瞬間も…。

「そうきたか~」と思いましたが、運筆のおけいこのページを復習すると、書けるようになっていました。

「そうきたか~」と思いましたが、運筆のおけいこのページを復習すると、書けるようになっていました。

できないことを悔しがる様子や、一生懸命に練習する様子、できるようになり嬉しそうな様子…。

できないことを悔しがる様子や、一生懸命に練習する様子、できるようになり嬉しそうな様子…。娘のころころと変わる表情を間近で見守ることができ、母もたまらない気持ちになりました。

何冊か試させていただいた「学研の幼児ワーク」。母娘で一緒に取り組む時間はとても豊かなものでした。今後もぜひお世話になりたいと思います!

↓ ↓ 今回ことりちゃんが取り組んだワークはこちら↓ ↓

学研の幼児ワーク「4歳 ひらがな」

学研の幼児ワーク「4歳 ひらがな」

※ふるえるとりさんの連載は今回が最終回です。ありがとうございました!

この記事の監修・執筆者

ふるえるとり

秋田県出身。現在東京都在住の2児の母。デザイナー経験を活かし、現在は育児の合間にイラストや漫画を描く日々。育児ネタのほかにシュールなテイストのキャラクターを描き自らの心を癒す。ほのぼのできる育児エッセイ本「母ちゃんだってほめられたい」も好評発売中。なぞめきキャラのLINEスタンプも人気!

ブログ
https://torikaworks.com/

Twitter
https://twitter.com/torikaworks

Instagram
https://www.instagram.com/torikaworks/

あわせて読みたい

関連記事

この記事の監修・執筆者の記事