【医師監修】花粉症は0歳から!~風邪との見極めポイント&家庭でできる対策って?~

更新日: 公開日:

【医師監修】花粉症は0歳から!~風邪との見極めポイント&家庭でできる対策って?~

熱がないのに鼻水、くしゃみ…。風邪?それとも花粉症?と悩んでいませんか。
「もしかして、花粉症?」と思ったら、まず何科にかかればよいのでしょうか?
風邪との見分け方って?
保護者が知っておきたいポイントを、小児科の先生に教えてもらいました!

監修:宮野 孝一(みやのこどもクリニック 院長)

目次

子どもも花粉症になる!発症は0歳から

花粉症は0歳から発症します。
「産まれたばかりで、まだ花粉にも遭遇していないはずなのに…なぜ?」と思うかもしれませんが、両親や兄弟が何らかのアレルギー(ダニ・ハウスダスト、食物アレルギーなど)をもっていたり、喘息や鼻炎などの病気があったりする場合は、アレルギーの素因をもって生まれてくる可能性が十分に考えられます。

実際には2歳ごろから発症する場合が多く、それ以降は年齢とともに、発症する子どもが増えていきます。

子どもの花粉症の症状は「鼻づまり」と「鼻水」

未就学児の子どもは鼻腔が狭く、鼻づまりの症状がよくみられます。
口呼吸がうまくできない子どもにとって、鼻づまりはとても苦しい症状です。
もし、鼻呼吸が苦しそうだったり、寝ているときにいびきをかいたりするときは、花粉症のサインと考えてみましょう。

そのほかにも、サラサラの鼻水が止まらないといった症状もあります。

中耳炎や喘息につながることも

鼻は耳や喉に直結しているため、鼻づまりや鼻水をそのままにしておくと「滲出性中耳炎」や「喘息」などにもつながりやすくなります。
鼻づまりや鼻水の症状が出ているときは、早めの受診が大切です。

風邪かどうかを見極めるポイント

①鼻水の状態

風邪と花粉症では鼻水の状態が違います。
風邪の場合は黄色く、粘りのある鼻水ですが、花粉症の場合は透明でサラサラした鼻水が出ます。

②目や皮膚のかゆみ

花粉症の場合、目や皮膚のかゆみが出ます。
手で顔などをこすっていないか、注意して見てあげましょう。

子どもの花粉症は「小児科」を受診するのがベスト!

花粉症かな? と思ったときは、ほかのアレルギー症状や喘息、アトピーなどの病気をもっている可能性もあるため、総合的に診てくれる小児科に行きましょう。

さらに、専門医がいる小児科であれば、鼻炎や喘息、食物アレルギーなどの検査もしてもらえます。

日本アレルギー学会認定の専門医がいる小児科はインターネットで調べることができます。
小児科に行くのであれば、一度アレルギー専門医がいる小児科を探してから行くとよいでしょう。

治療は大人と同じ?

症状にもよりますが、通常は抗アレルギー剤を服用します。
鼻づまりに効く薬、鼻水に効く薬など、多くの場合は2種類ほどを組み合わせて処方されます。目や鼻の症状がひどいときは、子ども用の点鼻薬や目薬が処方されることもあります。

!注意

市販薬や、大人用に処方されたアレルギー薬などを無断で飲ませることは、副作用もあり危険なのでやめましょう。

花粉症は治るの?

花粉症は、基本的に完治しません。
しかし最近では、「免疫舌下治療」といった治療法もあり、花粉症の症状を軽くしていくことはできます。
なお、この治療は5歳ごろから受けられるといわれています。

「免疫舌下治療」:あらかじめスギ花粉などを毎日適量体に含ませ、花粉に対しての免疫を強めるといった治療法

悪化させないためにできる3つのこと

未就学児の場合も、対策は大人と同じです。
まずは花粉が家に侵入しないように工夫し、免疫力を上げるからだづくりをしましょう。

1.外で着た衣類は部屋に持ち込まない

外出時に着ていた衣類は、リビングや寝室などに持ち込まないようにしましょう。
肌の弱い子どもの場合、家の中で花粉のついている衣類に触れることで、「花粉症皮膚炎」を引き起こしてしまうこともあります。
外から帰ったらすぐに着替え、外で着ていた服は室内に持ち込まない工夫が必要です。

花粉症皮膚炎の症状

刺激に弱い目の周りや頬(ほお)に、かゆみや赤み、痛みなどが起こります。

2.洗濯物はできれば部屋干しに

洗濯をするときは、あらかじめその日の花粉飛散情報などを確認してから、外干しか部屋干しかを決めましょう。

とくに花粉が多い2~3月などは、基本的に部屋干しがオススメです。

3.食事はバランスよく、規則正しい生活を

免疫力を上げるためにも、食事は偏らないようバランスよくとらせましょう。
ヨーグルト(乳酸菌)は、アレルギー症状や、感染を抑える効果が期待できるといわれています。
また、ビタミンを多く含んだ果物は粘膜を強くする効果があります。

疲れや睡眠不足も花粉症がひどくなる原因につながるので、規則正しい生活をさせるように心掛けましょう。

2022年の花粉飛散傾向をチェック!

春のイメージが強い花粉ですが、一年中飛散しています。
地域によって飛散する花粉の種類や時期は変わりますので、国のガイドラインなどでこまめにチェックすることが大切です。

主な花粉の飛散時期と種類(関東地方の場合)

  • 2月~4月…スギ花粉
  • 4月~5月…ヒノキ花粉
  • 4月~6月…シラカンバ
  • 6月~8月…イネ科の花粉(カモガヤなど)
  • 8月~10月…雑草類の花粉(ブタクサやヨモギなど)

環境省:花粉情報サイト https://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/

2022年のスギ花粉予報

2022年のスギ花粉飛散量は、昨年に比べ多いといわれています(2022年2月現在)。

また、飛散のピークは例年よりやや遅くなる見込みなので注意しましょう。

自宅を出る際はしっかり予防しておくことで症状を悪化させずに済みます。

あわせて読みたい

関連記事