長く使ってもらえるポスターに〈特典2 あいうえおポスター〉―『2〜4歳はじめてのおけいこ 特別限定版』編集部日記④

更新日: 公開日:

長く使ってもらえるポスターに〈特典2 あいうえおポスター〉―『2〜4歳はじめてのおけいこ 特別限定版』編集部日記④

『2〜4歳はじめてのおけいこ 特別限定版』の制作秘話を、全6回で公開します。

今回は、「特典2 あいうえおポスター」を、入社4年目・編集部Yがご紹介。

ポスターデザイン/カミグラフデザイン 吉光さおり、ポスターイラスト/YUU

目次

2〜4歳はじめてのおけいこ 特別限定版
特典3 三角太えんぴつ&特典6 六角えんぴつ

※『2〜4歳はじめてのおけいこ 特別限定版』 <2018年3月22日発売>
学研の幼児ワークの創刊1周年を記念して企画された商品。「2~4歳 はじめてのおけいこ」本誌に、発達に応じたステップで「鉛筆デビュー」をサポートする6大特典(クレヨン(3色)/あいうえおポスター/三角太えんぴつ/えんぴつ削り/えんぴつ用補助グリップ/六角えんぴつ)付きの特別セット。(価格本体660円+税)
詳細はこちら(学研の幼児ワーク公式サイト「2~4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版」商品紹介ページへ)

企画・仕様〜サイズはどうする?

特典にポスターがつくことが決まってから、まず最初に考えたのがサイズについてでした。
あいうえおポスターというと、大きいものだとA2~A1サイズなどもあります。大きい方が当然文字も見やすいし、たくさん情報が入れられる…。

でも、2歳にA1サイズほどの情報量は必要だろうか?今回の商品の対象者である2歳〜4歳だと、自分の部屋は持っていないだろうから、どこに貼る?リビング?・・・自分が親だったら、リビングには大きいポスターは貼りたくないかも。

実際に使うときのことを考えて、編集長と相談した結果、今回はB4サイズのポスターをつけることにしました。これなら、大きすぎないので、リビングや冷蔵庫、トイレなどに貼ったり、机にしいておけいこしたりと、場所を選ばず使えます。

コンセプト~”正統派かわいい”あいうえおポスター

さて、サイズも決まりいよいよイメージをかためて、デザイン&イラスト依頼です。
…じつはこの時、編集部Yは編集長に内緒で、ポスターのコンセプトを決めておりました・・・それは「大きくなっても使える!“正統派かわいい”あいうえおポスター」!!!

突然ファッション誌のあおり文のようになりましたが、この時編集部Yが考えていた「正統派かわいい」の定義は以下の3つ。

  1. 正統派:書体は「教科書体」を使用
  2. 正統派:書き順も入っている
  3. 正統派&かわいい:貼って見てわかりやすく、かわいいイラストとデザイン

内容はしっかりした「正統派」、それでいて見た目は「かわいい」。イラストいっぱいで2歳でも楽しめ、それでいて内容も充実しているから4歳以降も使えるように…そんな思いを持って、デザインとイラストを依頼しました。

改良・完成〜よりわかりやすく

依頼して一週間後、デザインが出てきました。
B4サイズだと、ポスターに入れられる情報も限られてきます。小さなスペースで、より分かりやすく、見やすくするためにはどうしたらいいのか? 行の幅を変えた案、文字の裏に色をしいた案など、検討を重ねました。

改良・完成〜よりわかりやすく

ぺらっとした小さなポスターですが、校了までに出してもらったデザイン案をかぞえたら、全部で13案ありました・・・! 色についても「部屋に貼るものだし、黄色や薄すぎる色は日焼けして、退色しそう。」と、長く楽しく使ってもらえるよう、様々なケースを考慮して決めました。

そしてイラストは、子どもが見て何の絵かはっきりわかる程度のデフォルメ&やわらかいタッチのものに(※写真はラフです)。

そしてイラストは、子どもが見て何の絵かはっきりわかる程度のデフォルメ&やわらかいタッチのものに(※写真はラフです)。

ちなみに描いてもらうイラストは、子どもに身近なものの名前から選んでいますが、中でも「あ」なら「あさがお」など、できるだけその文字が語頭にくるものをピックアップ。「『すいか』の『い』!」と覚えるより、「『いす』の『い』!」と、文字が語頭にあるほうが、すんなり頭に入ってきます。

どのイラストもとっても可愛いので、まだ文字を書けないお子さんでも「『かに』さんの『か』だね。」とイラストを指さして、ことばのおけいこをしてみてはいかがでしょうか。
編集部Yは、特に「うどん」と「みそしる」のイラストがお気に入りです…(食べ物ばかり?)

編集部Yは、特に「うどん」と「みそしる」のイラストがお気に入りです…(食べ物ばかり?)

いかがだったでしょうか。2歳でも、4歳以降も使える「あいうえおポスター」。ぜひ、楽しみながら使っていただければ嬉しく思います。

あわせて読みたい

関連記事