5月5日はこどもの日! こいのぼりを作ってお部屋を飾ろう!【5月号・おうちでつくろ!】

更新日: 公開日:

5月5日はこどもの日! こいのぼりを作ってお部屋を飾ろう!【5月号・おうちでつくろ!】

おうちで親子いっしょに楽しめる、工作アイデアを毎月紹介していく「おうちでつくろ!」。

5月のテーマは、“手作りこいのぼりでお部屋を飾ろう!”です。

おうちのちょっとしたスペースを使って、こんなにかわいいこいのぼり飾りができちゃうんです。こいのぼり作りだけでなく、飾りつけを楽しんだり、こいのぼりと背くらべをして遊んでみたり…。そんな姿を写真に残せば、思い出の1枚にも!
5月5日のこどもの日を、こいのぼり作りで、親子いっしょに楽しんでみませんか?

案・製作・撮影/おおしだいちこ

目次

準備をしよう!

こいのぼり

・色画用紙(B4サイズくらいのものを使っています)
・柄入り折り紙やキラキラ折り紙など
・水性ペン
・のり
・はさみ
・マスキングテープ

風車と雲

・色画用紙(B4サイズくらいのものを使っています)
・両面折り紙
・丸シール
・のり
・はさみ

こいのぼりを作ろう!

パーツを用意しよう!

製作を始める前に、パーツを用意しておきます。

●目のパーツ⇒色画用紙をまるく切る(マスキングテープを型にするときれいな丸を簡単に作れます)
●うろこのパーツ⇒柄入り折り紙やキラキラ折り紙をうろこ形に切る
●土台色画用紙を長方形に切ったあと、尾の部分を切る(切り落とした尾の部分は、のちほど使用するので捨てないでください)

はさみに慣れているお子さんなら、こいのぼりの土台は、子ども自身が切ってもOK。

うろこの作り方

うろこのパーツは、折り紙を縦四等分に折り、さらに三等分になるよう折り筋をつけて、うろこの形に切っていきます。この折り方をしてから切ると、うろこを一気に量産できます。

いろいろな柄を使っても、同じ柄で統一感をもたせてもかわいいですよ。

子どもといっしょに製作スタート! 目を描こう!

まるく切った画用紙に、水性ペンで目を描いていきます。
5歳のお姉ちゃんは、水色をチョイス!

クレヨンでもよいですが、飾るときに、手や壁が汚れてしまうので、水性ペンがおすすめです。

うろこをはろう!

切っておいたうろこをこいのぼりにはっていきます。
3歳の弟くんは、じょうずにスティックのりを使ってぺたり!

あっ! ここにも貼ろう♪

こいのぼりの完成!

うろこがカラフルな、かわいいこいのぼりができあがりました!
ふたりともうれしそう★☆
いくつか作っておくと、飾るときに華やかになりますよ。

風車を作ろう!

白い線のように対角線に折り筋をつけます。

赤い線のように、四隅から〇㎝ほど切り込みをいれましょう。

点線の部分を谷折りし、風車の形にしていきます。

④で折った先端をのりづけし、上から丸シールをはったら、風車の完成!

5歳のお姉ちゃんもじょうすにできたよ!
両面折り紙を使うことで、カラフルな風車に仕上がります。

おうちを作ろう!

こいのぼりの尾を切ったときにとっておいた三角の画用紙と、1/4に切った折り紙をはり合わせます。

水性ペンでおうちにぐるぐる描きをしたり…

窓やドアを描き込んだりして、お絵描きをしたら、おうちの完成!
これをこいのぼりの周りにあしらいます。

お部屋を飾りつけしよう!

さあ、いよいよ飾りつけです!
こいのぼりのさおに見立てたマスキングテープを、お子さんの背の高さくらいにはっておきます。
そのてっぺんに、風車をぺたり!「届いたよ!」

手伝ってくれる優しくてしっかり者のお姉ちゃん。
「しっかりはるんだよ」と、ふたりでぺたり。

次に、さおに沿って、こいのぼりをはっていきます。

こいのぼりの周りには、おうちや多めに作った風車などをはります。

色画用紙を雲の形に切って、日付を書けば、記念に。

※雲の型紙は、ここからダウンロードできます。雲の型紙

完成! 背くらべ遊びや、フォトスポットにも!

こいのぼり飾りの完成!!!
「こいのぼりとわたし、どっちが大きいかな?」「ぼくの勝ち!」
さっそく、自分のこいのぼりのとなりに立って「背くらべ」です。
弟くんは、こいのぼりの高さに負けじと、つま先立ちなのがなんともキュート!

このように、お子さんの背丈と同じ大きさで製作すれば、あらためて成長を実感することができますよ。

背くらべをしたあとは「フォトスポット」にも早変わり!
こいのぼりといっしょに撮影すれば、“こどもの日”の記念写真に。
思い出の1枚になること、間違いなしです!

スペースがないときは、こんなアレンジも!

こいのぼりのつり飾りに!

風車、こいのぼり、おうちをひもにはってつるせば、つり飾りに。
スペースをとれなくても、これならすてきに飾れます。
窓辺に飾って、空を泳がせてみてはいかがでしょうか?

冷蔵庫に!

冷蔵庫の扉を有効活用!
キッチンに立つとき、冷蔵庫を開けるとき、
かわいいこいのぼりたちと目が合って、思わずほっこりしてしまいますね。


いかがでしたか?

ぜひ、お子さんといっしょにこいのぼり作りをして、子どもの日を楽しく過ごしてみてくださいね。

来月の「おうちでつくろ!」もお楽しみに!

この記事の監修・執筆者

クラフト作家、イラストレーター おおしだ いちこ

子ども向けの工作や、赤ちゃん向けのおもちゃの製作アイデアなどを、雑誌や書籍で提案している。

Instagram
https://www.instagram.com/ichiko__ohshida/

関連記事

この記事の監修・執筆者の記事