おすすめのはさみ、比べてみました!選び方のポイント&はさみデビューの目安も

更新日: 公開日:

「はさみを使いたい!」子どもの言葉や、訴えるような視線で、そろそろはさみを与えてみてもよいかな? と思っている、お母さん、お父さん。

でも、子ども用のはさみはたくさんあるし、危ない使い方はさせられない。
そもそも何歳から、はさみを持たせたらよいの?

そんな悩める皆さまの疑問を解決すべく、
造形作家で3歳の娘さんをもつ、おおしだいちこさんにお話を伺いました。

目次

はさみデビューは何歳から?

お約束が守れるようになってから!

●歳から、ではなく、親目線でちゃんとお約束が守れるようになったらがポイント。

例えば、「少し待っていてね」「これは触らないでね」などを理解して聞き入れられるかどうか。
また、一番大切なことはもちろん、はさみに興味をもっていること。

おおしださんの場合は、おおしださんの制作する姿をよく見ていた娘さんが、ずっと「使いたい!」と言っていたそう。
ついにはさみの練習をしようと声をかけたら、目をキラキラ輝かせていたそうです。素敵なエピソードですね。
親子ともに、そんな気持ちでチャレンジできれば、楽しい時間になりそうです。

はさみ選びの4つのポイント

切れ味のよいもの

子ども用はさみには、金属刃とプラスチック刃があります。
プラスチック刃は、触れても手が切れませんが、紙を巻き込みやすく、切るのも難しいことが多いです。
そこで、おおしださんのおすすめは、刃がステンレス製のもの
ただ、低い年齢で試してみる場合は、プラスチックから始めてみるのもひとつです。

手の大きさにあっているもの

初めてはさみを使うとき、一番難しいのが、閉じ開き。
特に、開くのには意外と力が必要なものです。
小さい手では、大きめのサイズだと、開くのが難しいよう。
例えば、市販の2歳から使えるはさみは、全長11cmくらいです。

刃先が丸くなっているもの、先端がカバーされているもの

ふいに触ってしまう可能性を考えると、刃先が丸くなっていたり、プラスチックのカバーがついていたりすると、安心です。
おおしださんによると、後述のお約束がしっかりと守れているようであれば、カバーがなくても大丈夫だとか。

子どもの利き手にあうもの

右利き用のはさみを左利きの子がそのまま持つと、親指と人さし指、中指を入れる穴の大きさが違っていたり、刃の噛み合わせが逆になっていたりして、使いづらいもの。
両利き用のはさみもあるので、兄弟で利き手が違うなどの場合は、1本あると良いかもしれません。

おすすめの子ども用はさみ 左利き用もあり!

選ぶポイントがわかったところで、初めて使うのに、おすすめのはさみを紹介します。
今回は、おおしださんのお子さんにも、実際に使ってもらいました!

①安全はさみ・きっちょん(クツワ株式会社)

左利き用

ポイント

刃先までプラスチックでカバーしてあります。
そして力の弱い子どもでも使いやすいように、開きを補助するスプリング付き。
刃の切り口がフラットになっていて、安全で危なくありません。
右利き用はブルー、グリーン、ミント、パープル、ピンクの5色。左利き用はイエローがあります。

おおしださんコメント

スプリングが開く力をサポートしてくれるので、とても使いやすそうでした。ただ、スプリングを自分で元に戻して閉じるのはまだ難しいので、はさみを置くときに開きっぱなしになってしまうところは注意。

②かみきりくん(銀鳥産業株式会社)

ポイント

全長110mmで子どもの手にぴったり!2歳から使えます。
ハンドル穴の大きさが同じなので、向きを気にせず握れます。
刃先はプラスチックでカバーされていて安全性も◎。
刃の部分も安全ガードが付いていて、ケガをしにくい作りです。

おすすめのはさみ、比べてみました!選び方のポイント&はさみデビューの目安も

おおしださんコメント

小さめなので開閉しやすく、とても使いやすそうでした。
またペンケースにも入れられる大きさなので、実家に帰る時などでも持ち運びしやすいです。

穴が同じ大きさのため、「こっちに親指を入れて…」などの補足が不要なところが良いです。
名前を書くタグは、使う時は気になるようだったので外しました。

③エアロフィットサクサ・キッズ(コクヨ株式会社)

左利き用

ポイント

全長は14.2cmと今回のはさみの中では大きめ(対象年齢6歳~)ですが、それぞれの刃がハイブリッドアーチ刃というアーチ状になっていて、軽い力で切りやすいです。
空洞デザインのエアークッションハンドルが指への負担も減らします。
ブルーの他に、ピンクと、左利き用に黄色があります。

おおしださんコメント

3歳の娘には少し大きいサイズだったので、開閉に苦戦していました。
ケースがあるので、刃先のカバーはなく、「自分で(ケースに)入れたい!」と言い出したのは、少し困りました。
でも切れ味は良く、しっかりと切れていました。

はさみを使う時のお約束

いよいよ実践! …の前に、ケガをしないように、させないように、以下のお約束を子どもに伝えましょう。

就学前であれば、毎回確認するくらい慎重であっても良いそうです。

お約束10か条

1.刃の部分は触らない
2.開いて置かない
3.テーブルに置く(床に置かない)  
4.持って歩かない
5.刃をお友だち(家族)に向けない
6.座って使う

7.必ず、お父さんやお母さんがいる時に使う
子ども自身が取り出せる場所に保管しないことが大切です
8.切りたい紙を取るときは、一度はさみを置く
9.紙以外を切らない

10.紙を水平にして、はさみは垂直に持って切る
★最初はこれが難しそうに見えるので、使っている間も声かけしていくと良いです

使っている時のおすすめ声かけ

くどくど言われたり、すぐ注意されたりすると大人でも嫌な気持ちになりますね。
子どものモチベーションを保てるように、言い方やタイミングに気をつけるようにしましょう。

★はさみを垂直にしないと切れないので、先にやって見せて、紙を切る前に、何度か閉じ開きの練習をします。使いながら水平になってきたら…
「上手に切るにはどうすればいいんだっけ?」
「お父さん指が見えるように持ってね」

または、隣ではさみを持って見せて
「こうやって持つんだよ」

★紙を持つ位置が遠すぎると切りづらく、近すぎると危ないので、様子を見ながら…
「お指をチョッキンしたら痛いから、もう少しこっちを持とうか」
「もう切るところがなくなったから、新しい紙にしようか」

★最初は細い紙の一回切りで練習しますが、紙の向こうに届くくらい大きく開かなくてはならないため…
「大きくチョッキンしてね」

おおしださんのお子さんは、紙が痛くないのか心配していたそうで、
「大きくチョッキンしたら大丈夫。途中で挟まって切れなくなったら痛いかも?」と伝えたそう。かわいらしくも、子どもに伝わりやすいですね。

はさみの練習におすすめのワーク

『2・3歳 はじめてのきるおけいこ 頭脳開発どこでもワーク』(学研プラス)

『2・3歳 はじめてのきるおけいこおかわり 頭脳開発どこでもワーク』(学研プラス)

お子さんを見守りながら、楽しいはさみライフを!

あわせて読みたい

関連記事