工作をして、楽しいしかけで遊べるワーク

更新日: 公開日:

工作をして、楽しいしかけで遊べるワーク

5歳の娘を持つママライター・Tです。娘は工作が大好きで、毎日幼稚園から大量の制作物を持ち帰ってきます(笑)。学研の幼児ワーク「4~6歳 こうさく」は、楽しくはさみやのりの扱い方をマスターできるだけでなく、作ったあとに遊べるしかけも盛りだくさん!ということで、さっそくチャレンジしてみました。

目次

あれ、消えちゃった!? 魚を食べるタコさん完成

まずは、カラフルで楽しい32種類の工作の中から、何を作るか選ぶことからスタート。「動物の着せかえができるの?」、「これは組み立てたら何になるの?」と興味津々!

最初に作ったのは「たこキャッチャー」。線からはみ出さないように、慎重にハサミでたこの足を切っていきます。くるくる丸めて付属のシールを貼ると、あっという間にたこと魚が完成。魚の上にたこを重ねて引っぱってみると…魚が消えて、たこの中に! 「食べた~!?」とビックリしながら、何度も繰り返す娘。その後もしばらく、「たこさん、ゴハンですよ~」と食べさせて遊んでいました♪

また、少し複雑な工作にも挑戦。切って、貼って、組み立てていくうちに「もしかして、メリーゴーランドになるの?」と気づき、ワクワクしながら制作していた娘。パンダさんやコアラさんを乗せたメリーゴーランドが完成すると、フーッと吹いてクルクルまわします。自分が作ったものが動いたことがうれしかったようで、長いこと遊んでいました。

その他にも、くるくるまわるドラゴンや、ぞうさんのフォークリフトなど、男女問わず楽しめる工作がいっぱい! 手先の器用さや創造力を養うのにもピッタリの1冊です。

ワークの中身を見る(無料お試しダウンロード)

お買い求めはこちらから

あわせて読みたい

関連記事