夏休みの【#学童弁当】どうしてる? インスタママパパに教わるお弁当作りのアイデア11選

更新日: 公開日:

子どもたちの夏休みがスタートしましたね。
学童や習いごとに通うお子さんがいるご家庭では、お弁当作りに悩む時期では…?
さらに、夏場のお弁当はとくに「食中毒」に気をつけたいですね。
そこで、インスタのママパパにこの夏オススメのお弁当作りのアイデアをうかがいました。

目次

#栄養満点!学童弁当

yukatiiin_12さんの「彩り16品目弁当」

【yukatiiin_12さんからひと言】

忙しい朝でも、赤・黄・緑の3色を入れるように意識すると彩りよく美味しそうなお弁当に♪
ピックを使ってシンプルなおかずもかわいく見えるよう意識しています(^^)

aoi_mi29さんの「鶏肉の塩麹焼き弁当

【aoi_mi29さんからひと言】

メインの鶏肉の塩麹焼きは、味つけも見た目もシンプルなので、副菜も楽しめるように工夫しました。
どの副菜も見た目がかわいくなるように、大きさをなるべくそろえて切っています。

aoi_mi29さんの「野菜肉巻き弁当」

【aoi_mi29さんからひと言】

肉巻きを食べやすい大きさにカットして、少しでも子どもが食べやすい&かわいい見た目にしました。
キャラ弁が苦手なわたしでもできる顔つきのチーズちくわもポイントです♡
黒ごまとケチャップのみの簡易的なものですが、子どもは「かわいいー」と大喜びしてくれます♡

ayako2daさんの「牛ステーキ弁当」

【ayako2daさんからひと言】

お肉好きな息子のためとはいえ、安いお肉焼いただけのお弁当です。
彩りが大事なので、ピンクペッパーを散らしています。←娘はよけてました(笑)

#まとめて作って親子弁当

yuko.ioooさんの「オクラの肉巻き弁当」

【yuko.ioooさんからひと言】

こんにちは^^
夏休みいかがお過ごしですか。
こちらは地産の夏野菜を使ったお弁当です。
その土地で採れる季節のお野菜には、その時季の体調を整えてくれる力があると言われていますが、カラフルな見た目にも元気をもらっています。
夏野菜パワーでよい夏を!

o.bentomomさんの「カレー風味のオムライス弁当」

【o.bentomomさんからひと言】

食欲増進! みんな大好きカレー味‼
チャーハンを作る要領でご飯と具材を炒め、鶏ガラ粉の代わりにコンソメ粉とカレー粉で味付けしました☆
薄焼き卵は前日の夜に焼いて冷蔵庫に入れておくと朝の時短に(*^^*)
炒めご飯は傷みやすいのでよく冷まし、保冷剤をしっかり入れてくださいね〜◎

makotomom38さんの「鮭の南蛮漬け弁当」

【makotomom38さんからひと言】

鮭の南蛮漬けは前日の作り置き。
必ず一品は前日のうちに作り置きして朝の負担を減らしています。
南蛮漬けやマリネなどの酢を使うレシピは日持ちするので、夏場のお弁当メニューには重宝しています♪

makotomom38さんの「豚肉の大葉巻き弁当」

【makotomom38さんからひと言】

どのおかずにも、なるべく野菜とタンパク質の両方を入れるようにしています。
この日は、メインの豚の梅大葉巻きが地味な色なので、他のおかずはカラフルにしました。
茹でたジャーマンポテトは、フレンチドレッシングで和えてサラダ風に。
簡単でオススメです。

#お弁当をかわいく!ひと工夫

aoi_mi29さんの「花ハム」

【aoi_mi29さんからひと言】

ハムに縦線を入れる際に、繊維に沿って切れ目を入れるのがポイントです。
切る前にハムをよく見ると繊維の方向がわかると思うので、それに沿って切れ目を入れてみてください。
そして、切れ目の幅をそろえるとよりキレイに見えますよ。

a11m10f6さんの「ハムチーズくるくる」

【a11m10f6さんからひと言】

お弁当前日にハムとチーズをくるくる巻いて、冷蔵庫で冷やしておくと朝は切るだけ!
お弁当作りの時短になります!
お弁当の隙間をかわいく埋めてください♡

#食中毒に気をつけよう

hako_seikatuさんの「お弁当の注意事項」

【hako_seikatuさんからひと言】

《食中毒を予防するための三原則》
菌を、
☑︎つけない
☑︎ふやさない
☑︎やっつける
基本的なことですが、大事だと思うのでぜひ気にかけてみてください。

いかがでしたか?
これから始まる長~い夏休みのお弁当作り。
インスタママパパからのアイデアを生かして、みんなで夏休みを完走しましょう!

あわせて読みたい

関連記事