旬のおいしさを閉じ込めた”さくらんぼ”のスイーツ3種をご紹介【親子で食育クッキング】

更新日: 公開日:

旬のおいしさを閉じ込めた”さくらんぼ”のスイーツ3種をご紹介【親子で食育クッキング】

さくらんぼの季節がやってきました。
さくらんぼの収穫時期は、梅雨の始まりから終わりにかけての6~7月ごろと、ほんのわずかな期間。ほかの果物にくらべて、おいしく味わえる期間がとても短く、保存がきかない果物ですが、それだけに旬の時期にしか味わえない、初夏の訪れを告げる果物でもあります。
今は、輸入品やハウス栽培などにより、多くの食材が季節を問わず手に入るようになり、旬を感じる機会が減ってしまっているようです。
今が旬のさくらんぼのおいしさを味わい、季節の移り変わりを親子で感じてみてはいかがでしょうか。
今回は、さくらんぼのおいしさをぎゅっと閉じ込めた、親子で簡単に作れるさくらんぼのスイーツを3種類、ご紹介します。

目次

旬の味わいを閉じ込めた「さくらんぼ酢ドリンク」

さくらんぼの香りや甘みを凝縮させた「さくらんぼ酢」で作る、さっぱり飲めるドリンクです。さくらんぼ酢は、約1~2週間かけて氷砂糖が少しずつ溶けて、さくらんぼの赤色も溶け出してきます。毎日観察しながら、色や香りの変化をいっしょに楽しんでくださいね。

【材料 作りやすい分量】

さくらんぼ・・・・・200g(30粒程)

りんご酢・・・・・200ml

氷砂糖・・・・・200g

保存用の瓶

【作り方】

さくらんぼは軸を取ってよく洗い、水分をしっかりふき取ります。先端を斜めに切ったストローをさくらんぼの中心に刺し、クルッと回しながら、種をストローの中に入れるようにして取り出します。下まで突き刺して種を押し出してもOK。

熱湯消毒した保存瓶に、氷砂糖とさくらんぼを交互に入れ、りんご酢を注ぎます。

ふたをして冷暗所に置き、1~2週間ほど漬けます。漬けている間、1日2回ほど瓶をゆすって混ぜ、氷砂糖が溶けたら出来上がり! 飲むときは、さくらんぼ酢に対して、水や炭酸水、牛乳を4~5倍入れて、希釈してお召し上がりください。

【ポイント】

漬け込んでから1~2週間後、氷砂糖が溶けたら、さくらんぼを取り出しましょう。取り出したさくらんぼは、ヨーグルトなどに添えて食べるとおいしいです。

さくらんぼ酢は、冷蔵庫で約2か月間保存可能です。

さくらんぼ以外の果物でも作れるので、いろいろな果物で試したり、ミックスしたりしてオリジナルのフルーツ酢を作ってみても楽しいです。

さくらんぼ酢で作る「ポンポンゼリー」

ころんとした見た目がかわいいポンポンゼリーは、特別な型がなくても作れます。甘酸っぱい味わいのゼリーは暑い季節にぴったりです。

【材料 10個分】

さくらんぼ・・・・・10個

粉ゼラチン・・・・・5g

水(ゼラチン用)・・・・・大さじ2

さくらんぼ酢・・・・・80ml

水・・・・・70ml

小さめのココット皿またはコップ・・・・・10個

【作り方】

小皿に粉ゼラチンと水を入れて10~20分ほど、ゼラチンをふやかしておきます。

耐熱容器にさくらんぼ酢と水を入れ、600Wの電子レンジで約1分40秒加熱。ゼラチンは50~60℃以上で溶けるので、しっかり温まっていない場合は、追加で10秒ずつ加熱してください。

を加えてかき混ぜます。

ラップを敷いたココット皿に、洗って水滴をふき取ったさくらんぼを1つずつ入れ、を注ぎ入れます。

さくらんぼの軸といっしょにラップで包んだら、輪ゴムやワイヤーなどで、こぼれないように口を縛ります。

冷蔵庫で2~3時間冷やし、固まったらラップを外して出来上がり!

【ポイント】

鍋を使わずに電子レンジで手軽に作れるレシピです。ゼラチン液をラップに注ぐ際は、注ぎ口のある計量カップなどの器を使うと、こぼれにくく子どもでも作業がしやすいです。ラップの口をかわいいリボンで結べば、すてきな仕上がりに。
さくらんぼ酢の代わりに、市販のフルーツビネガーでも代用できますが、その場合はお好みでビネガーと水の割合を調整してください。

材料を混ぜて焼くだけ! 「さくらんぼのクラフティ」

「クラフティ」は、フランスの伝統菓子で、たっぷりのさくらんぼに、卵や牛乳、小麦粉などを混ぜた生地を加えて焼き上げたお菓子。

フランスでも、さくらんぼはたくさん収穫され、フランス人も大好きな果物です。

見た目もおしゃれな焼き菓子「クラフティ」は、1つのボウルでグルグルと混ぜるだけで簡単に作れるので、親子クッキング初心者におすすめです。

【材料 直径15㎝のスキレット1皿分】

さくらんぼ・・・・・20~25個

卵・・・・・1個

牛乳・・・・・70ml

生クリーム・・・・・30ml

バター・・・・・10g

小麦粉・・・・・20g

グラニュー糖・・・・・40g

塩・・・・・1つまみ

バニラエッセンス・・・・・数滴

粉砂糖・・・・・適量

スキレットまたはグラタン皿・・・・・1個

【作り方】

さくらんぼは軸を取ってよく洗い、水分をしっかりふき取ります。先端を斜めに切ったストローをさくらんぼの中心に刺し、クルッと回しながら、種をストローの中に入れるようにして取り出します。下まで突き刺して種を押し出してもOK。

スキレットに、種を取ったさくらんぼを並べます。

ボウルに卵、グラニュー糖、塩を入れて泡だて器で混ぜ合わせたら、薄力粉を加えてダマがなくなるまでさらに混ぜ合わせます。

に、牛乳、生クリーム、バター(耐熱皿に入れ、600Wの電子レンジで20~30秒加熱して溶かしておく)を加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせ、最後にバニラエッセンスを2~3滴たらします。

を流し入れ、170℃のオーブンで約30~35分焼きます。

焼き上がったの表面に、粉砂糖をふったら出来上がりです。

【ポイント】

クラフティは混ぜるだけなのでとっても簡単! プラス、用意する調理器具はスキレットやグラタン皿、ボウル、泡だて器だけなので、洗い物が少ないのもママパパにはうれしいポイント。
クラフティは、冷やして食べてもおいしいですが、温かいうちにバニラアイスを添えると相性抜群で、子どもたちも喜ぶでしょう。

さくらんぼミニ情報!

さくらんぼ(桜ん坊)はその名のとおり、桜の木になる果実ですが、町中で見かける桜の木にさくらんぼはできません。

食用の果実がなる桜はおもに「西洋実桜(せいようみざくら)」という品種。

観賞用として有名なソメイヨシノやカワヅザクラにも、小さな実ができることもありますが、残念ながら苦みや酸味が強くて食べられません。

この記事の監修・執筆者

食育アドバイザー 阿知和 梨香

あちわ りか/大手食品メーカーで10年間商品開発を担当し、数多くのヒット商品を発売。内閣府食品安全委員会の専門委員の経歴を持ち、現在は子ども料理教室「食育クッキング」を主宰。自治体主催のパパと子ども向け食育講座の講師や、企業で幼児食の開発アドバイザーとしても活躍している。

食育クッキングInstagram
https://www.instagram.com/shokuikucooking/

あわせて読みたい

関連記事

この記事の監修・執筆者の記事