こどもの日を親子で楽しもう♪ プラバン工作でゆらゆら揺れるこいのぼり

更新日: 公開日:

毎日のくらしや子育てを楽しむアイディア、お子さんとの風景をinstagramにアップし、18人万人以上のフォロワーをもつきなこさん。ゴールデンウイークに親子で一緒に楽しめる、手作りこいのぼりの作り方を教えてもらいました。

こどもの日を親子で楽しもう♪ プラバン工作でゆらゆら揺れるこいのぼり

5月5日はこどもの日。子どもたちみんなが、元気に大きく成長することをお祝いする日です。
こどもの日の飾りにぴったりなこいのぼりのモビールを、プラバンを使って親子で作ってみました。
世界にひとつだけのこいのぼりが風でゆらゆら揺れて、とっても可愛いですよ。

世界にひとつだけのこいのぼりが風でゆらゆら揺れて、とっても可愛いですよ。

最近では、場所をとらずインテリアにもなじむ、おしゃれなこいのぼりをよく見かけるようになりました。そんな可愛くておしゃれなこいのぼりの飾り、「プラバン」を使うと簡単に手作りすることができます。

そんな可愛くておしゃれなこいのぼりの飾り、「プラバン」を使うと簡単に手作りすることができます。

「プラバン」は子どもの頃に遊んだ経験のある方も多いではないでしょうか? お絵描きをしてオーブンで焼くと、きゅっと小さく縮むのが特徴です。

プラバン

プラバンは100円ショップや文房具店などで購入することができます。
プラバンにはいろいろな種類があります。
表面がつるっとした昔ながらの透明タイプ、白いタイプ、表面がざらっとマットに加工されているタイプ…etc.マットなものはクレヨンで着色するのに向いているので、今回は表面がマットに加工されたプラバンを使用します。表面がつるっとしたプラバンを使用する場合は、表面を紙やすりでこすっておくと着色しやすいですよ。

プラバンで「こいのぼりモビール」を作ってみよう!

用意するもの

  • プラバン 1枚
  • 鉛筆かシャーペン
  • クレヨン
  • 白と黒のポスカ
  • はさみ
  • 穴あけパンチ
  • 竹串 2本
  • オーブン
  • 雑誌など分厚めの本
  • クッキングペーパー
  • アルミホイル
  • マスキングテープ
用意するもの

作り方

① プラバンに鉛筆でこいのぼりの輪郭を描きます。焼いて縮むと4分の1くらいの大きさになるので、大きめに。紙に下書きをして、その上にプラ板を乗せてなぞると描きやすいですよ。

①

②クレヨンで自由に色を塗ります。

②

ティッシュですりこむようにこすって広げます。

ティッシュですりこむようにこすって広げます。

子どもも一緒に楽しめます♪

子どもも一緒に楽しめます♪

③ 最初に描いた輪郭の線に沿ってはさみで切り抜きます。

③

④ 穴あけパンチでこいのぼりの頭側に穴を開けます。

④

⑤ プラバンがくっつかないようにシワを付けたアルミホイルの上に、③をのせます。つやつやの面が上になるように乗せましょう。ひとつずつ焼くのがコツ!

⑤

⑥ オーブントースターを温めます。分厚い本を開いてページごとにクッキングペーパーをのせたものを、トースターの前に準備しましょう。オーブントースターが温まったら、⑤を投入します。

ここからが勝負のとき! 目を離さず様子を観察します。すぐに縮むので、動きが止まったらすぐにアルミホイルの上から取り出し、本の上のクッキングペーパーにのせます。

あっという間にこいのぼりが小さくなる様子は、大人も子どももワクワクします♪ やけどには気をつけて!

⑥

⑦ 急いで本を閉じて間に挟み、上からやさしくおさえます。

⑦

⑧ 本から取り出し、クレヨンで描いた面と反対側のつるつるした面に、ポスカで目を描きます。

⑧

➈ 竹串の先のとがった部分をはさみで切り落とします。

➈

⑩ プラバンこいのぼりと竹串を糸でつなぎます。支点を少しずつずらしていくことで、バランスを調整します。

⑩

マスキングテープなどで天井に貼り付けて飾ってみましょう。

マスキングテープなどで天井に貼り付けて飾ってみましょう。

風にゆらゆら、世界にひとつだけの可愛いこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。

風にゆらゆら、世界にひとつだけの可愛いこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。

こいのぼりだけではなく、丸や三角、のりもの、どうぶつなど、好きな形でプラバンモビールを楽しんでみてくださいね♪

飾っている様子はコチラ↓

注意点

オーブントースターは、加熱するととても熱くなります。
お子さんと一緒に作業する際は、やけどをしないように注意しましょう。

関連記事