【自分からどんどんやりたくなる!】「はやぶさ」「ドクターイエロー」…電車の名前を書きながら、ひらがな・カタカナを覚えよう! PR

更新日: 公開日:

【自分からどんどんやりたくなる!】「はやぶさ」「ドクターイエロー」…電車の名前を書きながら、ひらがな・カタカナを覚えよう!

3月16日から山形新幹線E8系「つばさ」がデビュー、同日に北陸新幹線も金沢~敦賀間開業など、2024年も電車好きの子どもたちにはワクワクするニュースが目白押し!
そんな電車好きキッズたちがひらがな・カタカナを楽しくおけいこできるワークをご紹介します。好きなものをテーマにしたワークなら、お子さんが自分からどんどん取り組みたくなること間違いなしです。

目次

はやぶさカラーが目印! ひらがなとカタカナを1冊でマスターできる、デラックス版ワーク

「そろそろひらがなを覚えてほしいのに、なかなか練習しようとしない…」「文字のおけいこは、すぐに飽きてしまう」とお悩みのママパパも多いはず。

そんな中で、電車の名前を書きながらひらがなを覚える『でんしゃのひらがなれんしゅうちょう 改訂新版』は、電車好きのお子さんに大人気! 「大好きな電車がいっぱいなので、子どもが自分から進んで取り組んだ!」というお声を、たくさんいただきました。

一方で、「もっとひらがなをおけいこしたい」「カタカナも練習したい」というご要望もありました。そんな声にお応えして、ひらがなとカタカナが1冊になった続編『でんしゃのひらがな・カタカナれんしゅうちょう デラックス』が1月23日に発刊となりました。

全112ページと、『でんしゃのひらがなれんしゅうちょう 改訂新版』よりもページが大幅に増え、新たにたくさんの電車が掲載されています。話題のE8系つばさ、昨年デビューしたスペーシアXなど、新しい車両も登場しています。

小学校入学前にしっかり練習しておきたいひらがなと、ちょっと先取りのカタカナの両方ができるので、入学準備のワークとしてもおすすめです。

最後まで飽きずに続けられる工夫がいっぱい!

1.電車の名前を書いて、ひらがなとカタカナを覚える!

「は」ははやぶさの「は」など、電車に関する言葉を書いて練習します。大好きな電車が出てくるのでお子さんが自分からどんどん進めたくなり、最後まで取り組めます。

2.段階的に練習できる構成

電車の名前は、①なぞり→②始点のみ記載→③白いマスに書く、というステップで、段階的に練習できるようになっています(未習の文字はすべてなぞり)。 全ページ書くと、ひらがな・カタカナすべての清音を網羅できます。また、濁音、拗音、促音の練習ページもあります。

3.写真と解説で電車の知識も身につく!

清音の練習ページには、電車や関連アイテムの写真と説明文を掲載。ミニ図鑑のように楽しく眺めながら、電車の知識も身につきます。2023年に開業した特急「スペーシアX」、2023年にモデルチェンジした「成田エクスプレス」、2024年3月から運行予定の「E8系つばさ」など、新しい電車もたくさん載っているので、電車好きのお子さんも大満足の内容です。

4.おまけ問題も楽しい!

めいろやまちがいさがし、電車クイズなどのおまけ問題つき。楽しく学べるように工夫されていて、ひらがな・カタカナがはじめてでも無理なく進めることができます。

5.長く使える! ひらがな・カタカナポスター&おけいこボード

新幹線をイメージしたデザインの「ひらがな・カタカナポスター」は、2枚を「れんけつ」すれば、横長サイズに! 表面はひらがな、裏面はカタカナになっていて、電車の写真満載です。よく目に触れる場所にはっておけば、自然に覚えられます。

また、「かいてけせる おけいこボード」もついています。電車形の枠に、くり返し文字を練習できます。

電車シリーズで楽しくおけいこ!

電車でおけいこをできるワークは、このほかに、ひらがなのれんしゅうに特化した『でんしゃのひらがな・カタカナれんしゅうちょう 改訂新版』、数や時計のおけいこができる『でんしゃのかず・とけい』もあります。

ぜひあわせてご活用ください!

★お求めはコチラから!

『でんしゃのひらがな・カタカナれんしゅうちょう デラックス』

『でんしゃのひらがなれんしゅうちょう 改訂新版』

『でんしゃのかず・とけい』

この記事の監修・執筆者

編集部員 こそだてまっぷ編集部

未就学から中学生までの子を持つママ編集者を中心に、子どもの学びや育ちに関する様々な情報を日々発信しています!

HP
https://kosodatemap.gakken.jp/

こそだてまっぷ

こそだてまっぷから
人気の記事がLINEに届く♪

あわせて読みたい

おすすめの本

おすすめ情報

こそだてまっぷ

こそだてまっぷから
人気の記事がLINEに届く♪

関連記事

この記事の監修・執筆者の記事