就学前の夏休み!「6歳 ひらがな ことば」に挑戦!

更新日: 公開日:

就学前の夏休み!「6歳 ひらがな ことば」に挑戦!

はじめまして! 小2と年長の女の子がいるママライターTです。長女よりも、ひと足先に夏休み入った次女に、トライしてもらったのが「6歳 ひらがな ことば」。これまでもワークでひらがなを学んでいたけれど、小学生になる前にステップアップできるかな?

目次

書く、貼る、切る……で、自然と作文ができるように

 
動物のイラストの表紙をめくると、動物や乗り物の名前など、身近なことばのお勉強です。文字をなぞるときには書き順も示されています。子どもは初めのうちはどうしても書き順が自己流になってしまうのでここでおさらい。「小さい『っ』や『ょ』は、縦書きと横書きとでは書く場所が違うんだね」ということも確認しつつ、イラストを見て子どもがわからないことばが出てきたらちょっとママがお手伝い。「これはふくろう?」「ふくろうに似ているけど、みみずくっていうんだよ」、といった感じです。
 
1ページごとに貼るがんばりシールが、子どもにとってはお楽しみのようでどんどん進んでいきます。
ものの名前だけでなく、「ばしゃばしゃ」「ひらひら」などの擬音語・擬態語も学びます。豊かな表現には、そういう言葉も不可欠ですよね。そして、いろんな動詞、さらに「へ」「から」「に」などの助詞の学習です。
 
シールを貼ったり、はさみを使って工作遊びをしたりするページもあるので、最後まで飽きずに進められます。文字を書く練習だけでは物足りなくなった就学直前の子どもにとって、正しく文をつくることを目標にしたこのワークはすっかりお気に入りのようです。
 
「ままいつも、おいしいおりょうりをつくってくれてありがとう。」ワークでお勉強した後、次女からこんな手紙をもらって感激しました!

ワークの中身を見る(無料お試しダウンロード)

お買い求めはこちらから

あわせて読みたい

関連記事