入学準備は手作りで! 通学グッズ5点セットかんたんレッスン 【第4回 給食袋&ランチョンマット】

更新日: 公開日:

入学準備は手作りで! 通学グッズ5点セットかんたんレッスン 【第4回 給食袋&ランチョンマット】

だんだんと入学式が近づいてきましたが、小学校の入学準備はいかがですか?

手作りの通学グッズ最終回となる第4回目は、給食袋&ランチョンマットを紹介します。「同時に2つ作るの?」と不安にならなくても大丈夫! 給食袋は前回の体操服袋と工程が同じところが多くあります。

給食袋&ランチョンマットは、洗い替え用に多めに用意しておくと安心です。いろいろな色や柄で作って、「今日はどれを持っていこうかな」と選ぶのも楽しみですね!

グッズデザイン・制作:杉野 未央子
写真:横田公人
文:鈴木久美子

目次

1.どんなグッズが必要なの?

学校や地域によって多少の違いがありますが、多くの場合、必要になることが多いのは、レッスンバッグ、上履き入れ、体操着袋、給食袋、ランチョンマットの5点です。サイズなどが異なることがありますので、説明会などでプリントが配布された場合は詳細を確認してから作りましょう。

2.超基本! 給食袋&ランチョンマットを作ってみよう

今回は基本グッズの給食袋&ランチョンマットの作り方を紹介します。小さめの巾着タイプの袋。中に入れるものは学校によって異なりますが、ランチョンマットや箸、マスクなどを入れることが多いようです。ランチョンマットは机に敷いて使いますので、机が汚れないように大きめのサイズを指定されることが多くなっています。

給食袋

ランチョンマット

※作り方の工程では、わかりやすいよう目立つ色の糸で縫っています。実際に縫う場合は、布に合わせて糸の色を選んでください。

【必要なものを揃える】

ずは必要な用具と材料を揃えましょう。給食袋&ランチョンマットに使う用具と材料は、どれも手芸店などで購入することができます。布にはさまざまなものがありますが、綿や麻、両方が混ざった綿麻布のような縫いやすくて洗濯しやすい布がおすすめです。

基本の用具 *給食袋&ランチョンマット共通

①裁ちばさみ
②糸切りばさみ
③手芸用クリップ
④まち針
⑤ピンクッション
⑥チャコペン(印をつけるペン)
⑦ひも通し
⑧手芸用接着剤
⑨定規
⑩ミシン

縫い始めの面倒な準備が不要で針穴糸通しがワンタッチ、下糸を引き出さなくてもすぐ縫えるのが魅力のお手軽ミシン。初心者さんにもおすすめです。TX50-G/ブラザー工業

※ほかにアイロン、アイロン台を用意
※もしあれば目打ち

基本の材料 *給食袋&ランチョンマット共通

①布(給食袋・外布A布用、内布用)、(ランチョンマット・表布A用)
②布(給食袋・外布B布用、内布用)、(ランチョンマット・表布B用、タブ用)
③布(ランチョンマット・裏布用)
④ひも(給食袋)

【布を裁つ】

購入したばかりの布は織り目がゆがんでいることがあるので、布を裁つ前に、水でスプレーをして布目を整えてアイロンをかけると、形がきれいに整います。裁つときは平らなところに布を置き、下記のサイズどおりに裁ちばさみでカットしてください。

給食袋

A布・・・横42cm×縦7cmを1枚
B布・・・横42cm×縦47cmを1枚

ランチョンマット

A布・・・横24cm×縦42cmを1枚
B布・・・横35cm×縦42cmを1枚
裏布・・・横57cm×縦42cmを1枚
タブ布・・・横4cm×縦6cmを1枚

【布の裏に縫い線を引く】*給食袋&ランチョンマット共通

外布を縫い合わせる前に、布の裏にチャコペンで縫い線(ミシンで縫うところ)を引きます。布端から1cm部分は縫いしろになります。

布の端から1cmのところに、縫い線を引きます。タブ布を除き、ほかの4枚も同様にします。

給食袋

【外布を縫い合わせる】

A布とB布を中表(布の表と表が内側になるよう合わせること)にして縫います。縫いしろは割っておくことで縫いやすく、きれいに仕上がります。

中表に合わせて、縫い線のところをまち針でとめます。

縫い線に沿ってミシンをかけます。縫い始めと縫い終わりは返し縫いします。

縫いしろを開いてアイロンをかけ、縫いしろを割ります。

【縫い合わせる】

外布を縦中心に半分に折り、縫い合わせます。布がずれないよう、まち針でとめてから縫いましょう。返し口は縫い合わせず、縫いしろを手芸用接着剤で貼り合わせます。縫わずにとめることができる接着剤。布専用のものを使いましょう。もし手芸用接着剤がない場合は、手縫いしてください。返し口部分はひもの通し口にもなります

外布を半分に折り、返し口の位置(中心から3cmずつ、合わせて6cm)を、チャコペンで印をつけておきます。返し口を残してまち針でとめ、ミシンをかけます。

返し口の縫いしろを折って、手芸用接着剤で貼りつけます。

【袋状に仕立てる】

返し口から表に返し、半分を内側に入れ込んで袋状にします。表に返すときに両方の角の縫いしろを三角に切っておき、目打ちなどがあれば、それを使って引き出すと、きれいな長方形に仕上がります。

両方の角を三角に切ります。縫い合わせたところを切らないように注意しましょう。

返し口から引き出し、表に返します。

ぴったり重なるように半分を中に入れ込んで、袋状にします。

入れ口から2.5cmのところをぐるっと1周縫います。

【ひもを通す】

ひもは60mを1本用意します。ひも通しを使い、ひもを通していきます。長さが同じになるようにひもを調節します。

ひも通しにひもを通し、ひも通し部分にぐるっと通していきます。

2本の端を結びます。アイロンをかけて形を整えれば完成!

ランチョンマット

【表布を縫い合わせる】

A布とB布を中表にして縫います。縫いしろは開いておくことで縫いやすく、きれいに仕上がります。

中表に合わせて、縫い線のところをまち針でとめます。縫い線に沿ってミシンをかけます。縫い始めと縫い終わりは返し縫いします。縫いしろを開いてアイロンをかけ、縫いしろを割ります。

【タブを縫いつける】

小さなアクセントになるよう、右下にタブを縫いつけます。もっと手軽に作りたいときは、市販のパーツを使っても構いません。

上下を1.5cmずつ折り、布を三つ折りにします。

両端にミシンをかけ、縫い合わせます。

表布の右下に、タブをつける位置を、チャコペンで布に印をつけておきます。

タブを半分に折り、タブつけ位置にまち針で仮どめしてミシンで仮縫いしておきます。

【縫い合わせて表に返す】

表布と裏布を中表に合わせて、返し口を残してミシンをかけます。角の縫いしろを三角に切って内側に折り、指でおさえながら表に引き出すと、きれいな長方形に仕上がります。

返し口の位置を、チャコペンで布に印をつけておきます。表布と裏布を中表に合わせて、返し口を残してまち針でとめ、ミシンをかけます。

四方の角を三角に切ります。縫い合わせたところを切らないように注意しましょう。

角の縫いしろを内側に折り、指でおさえながら返し口から引き出し、表に返します。

四方にぐるっと1周、ミシンをかけます。アイロンをかけて形を整えれば完成!

3.こんなパーツもおすすめ

ポイントをつけるなら、市販のタグがおすすめ。お子さんが自分のものとすぐわかるよう、お気に入りのタグを縫いつけてあげましょう。さまざまな柄や色、サイズなどがあり、手芸店や雑貨店などで入手できます。

この記事の監修・執筆者

布小物作家 杉野 未央子

すぎの みおこ/バッグやポーチなどさまざまな作品をSNSで披露。著書に『komihinataさんのとびきりかわいいポーチとケース』(主婦と生活社)などがある。カルチャーセンターなどでレッスンも行っている。

ブログ
https://blog.goo.ne.jp/komihinata

あわせて読みたい

関連記事

この記事の監修・執筆者の記事