子どもの個性を伸ばすのに必要なこと。ママパパができる3つのコツ

更新日: 公開日:

子どもの個性を伸ばすのに必要なこと。ママパパができる3つのコツ

これからの時代、子どもたちは知識のみを学ぶだけでなく、知識をもとに試行錯誤しながら自ら考える力を養うことが大切です。子どもに自分の人生を自分の力で歩んでいってもらうためにも、一人ひとりの個性を活かした教育に取り組む必要があります。しかし、保護者の方の中には「個性って何?」「どうすれば子どもの個性を伸ばせるの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、個性とは何か、子どもの個性を伸ばすために保護者の方ができることは何かを見ていきましょう。

文/ハイドジア

目次

子どもの個性を伸ばすのに必要なこと

一列に並んだ元気いっぱいな子どもたち

個性とは、その子特有の性格や性質、特徴のことです。個性には先天的に備わっているものと成長過程で身につくものとがあり、それらを見出して伸ばすことは、子どもの可能性や世界を広げることに繋がります。学校でも家庭でも個性を伸ばす教育を行うことで、子どもたちはより豊かな人生を歩んでいけるでしょう。

まずは、個性を伸ばすために家庭や学校、地域社会で行えることを見ていきましょう。

保護者の役割

子どもの個性を伸ばすために、保護者の方は子どもと積極的にコミュニケーションを取りながら見守ることが大切です。子どもが何に興味を持っているのか、何に夢中になっているのかをしっかり見つめ観察します。そして、個性を引き出せるような環境づくりをしたり、力を発揮できるようにサポートしたりしてあげましょう。

そのためにも、子どもの自主性や主体性を尊重することが重要になります。理想どおりでないときや思いどおりにいかないとき、親としてはどうしても心配になり、子どもの行動や選択に口を出したくなります。

しかし、子どもは失敗したりまわり道をしたりしてさまざまな経験をし、それが個性を伸ばすことに繋がります。保護者の方は、子どもの興味や選択を受け入れ、それを伸ばすようにサポートしてあげることが大切です

周囲(地域)の役割

子どもは、成長過程においてさまざまなことに興味や関心を抱きます。幼児期にいろいろな体験をして多くの刺激を受けることで、好奇心や探究心が養われ、子どもの可能性や世界が大きく広がっていきます

特に、学校や地域、習い事など家庭以外の環境で、保護者以外の大人やお友だちと関わることは、個性を伸ばすのに役立ちます。子どもは、さまざまな人間関係の中で、協調性を育んだりリーダーシップを発揮したり、自制心を養ったりするでしょう

子どもの個性を伸ばすことでできることとは?

お絵描きな夢中な男の子

前述したように、個性とは、その子が持つ特有の性格や性質、特徴のことを指します。長所も短所もひっくるめたその子のすべての特徴こそが個性なので、長所もどうしても直らない短所も丸ごと受けとめることが個性をつぶさないということに繋がります。

このとき、まわりに合わせて無理に「普通」にしようとするのはよくありません。なぜなら、これからの時代、個性を必要としない仕事はすべてAIがやってくれるからです。

つまり、その子の長所も短所も認め、受けとめていくことが、ときには大事なのです。親がこのようなスタンスでいると、子どもは安心して個性を発揮していくことができます。(「【続編】子どもの長所を見つける! 伸ばす! 3つの大切なポイント~AI時代に生きるオンリーワンの個性を育む~」参照)

長所を活かすことができる

個性には、生まれながらに備わっているものと、成長するにつれて身につくものとがありますが、成長過程で身につくものは、さまざまな体験や環境の影響を受けて形成されていきます。

保護者の方は、子どもの性格を理解し、夢中になっていることや得意なこと、苦手なことを把握することが大切です。子どもの個性を見出し伸ばすことができれば、長所をさらに伸ばし活かすことができます。そして、長所を活かした学びや遊びを取り入れて個性を育めば、子どもは学ぶ楽しさや喜びを感じられ意欲の向上にも繋がるでしょう

考えを尊重できるようになる

子どもの個性を伸ばすことができれば、自分の性格や考えを受け入れられるようになります。幼少期は、自分とまわりのお友だちとを比べて「わたしは〇〇ちゃんよりもできる」「〇〇ちゃんよりも劣ってる」と判断しがちです。

しかし、個性として理解できれば、誰かと比較して判断せず、自分の考えを信じることができ自信を持てるようになるでしょう。そうすれば、相手の気持ちを考えて行動できるようになり、ほかの人の考えも尊重できるようになります

自己肯定感を高めることができる

子どもは、個性を伸ばすことで自分に自信を持てるようになります。ありのままの自分を受け入れることができ、自己肯定感を高めることができるでしょう。

自己肯定感を高めることができれば、気持ちが前向きになるため、学習や習い事、遊び、人間関係にも積極的に取り組むことができます。たとえ失敗したりむずかしい局面に立たされたりしても、諦めずに挑戦し続けることができるでしょう。

子どもの個性を伸ばすコツ

おままごとで遊ぶ親子

子どもの長所を理解して活かしてあげることで、子どもの個性を伸ばすことができます。長所を見出してあげるためには、子どもをじっくり観察し見守ることが大切です。

短所は目につきやすいものですが、わが子の個性をマイナスの面からしか見ることができないのは、とてももったいないことです。それも個性としてプラスの面から見てとらえると、長所を発見できます。(「【続編】子どもの長所を見つける! 伸ばす! 3つの大切なポイント~AI時代に生きるオンリーワンの個性を育む~」参照)

保護者としては日々の生活の中から長所を見つけ、伸ばしてあげたいものですね。では次に子どもの個性を伸ばすコツについて見ていきましょう。

1. 保護者が個性を見つける

前述したように、子どもの個性を伸ばすためには、子どもの自主性や主体性を尊重することが大切です。とはいえ、子どもに干渉せず、放任することとは大きく異なります。子どもを見守りながらコミュニケーションを取り、子どもの個性を見出し、それを伸ばすようにサポートしてあげましょう

人は短所は自覚していても、自分の長所を理解するのはむずかしいもの。特に子どもが自分自身の個性を見出し、長所として受け止めることはハードルが高いですよね。やはり、保護者の方が子どもの個性を見つけてあげるのがよいでしょう。

たとえば、「集中力がない」という短所があったとします。しかし、それはマイナスの面から見た状態のことであって、プラスの面から見てみると「まわりのことに気づく力がある」という長所といえます。

個性をマイナスの面からとらえてしまうとすべてが悪く見えますが、子どもの個性をプラスの面から見てとらえるだけで、長所が発見できる場合があるのです。ここでおさえたいのは、「親が望むこと」が子どもの長所ではない、ということ。AIに簡単に仕事を奪われてしまいかねないこの時代、その子にしかないオンリーワンの個性が武器になるということを忘れてはいけません。(「【続編】子どもの長所を見つける! 伸ばす! 3つの大切なポイント~AI時代に生きるオンリーワンの個性を育む~」参照)

2. ほかの人と優劣をつけない

子どもの個性を伸ばすにあたって、きょうだいやまわりのお友だちを含め、ほかの人と比較するのは逆効果です。常に誰かと比べる癖がつき、ほかの人からの評価に依存するおそれがあります。相手に勝つことばかりを重要視するようになるため、個性を見出すきっかけを見失うことにも繋がりかねません。

個性というのは、人よりも優れているということではありません。保護者の方は、子ども自身の変化や成長を見つめ、個性を伸ばしてあげることが大切です

3. 習い事をさせる

子どもの成長を促したり興味や関心を増やしたりするためにも、習い事をさせるのはオススメです。幼稚園や保育園、学校、家庭では得られない学びや体験ができます。個性を発揮したり伸ばしたりできる環境に身をおくことで、子どもは夢中になってどんどん成長することができるでしょう。

学研教室では、子どもの性格や個性を尊重する学習法を提案しています。子ども一人ひとりの性格や能力、適性をしっかり把握して学習計画を立てるので、安心して学習に臨むことができます。できたところやがんばったところはしっかりほめるため、自信に繋がりやる気を引き出すことができるでしょう。

学研教室では、一人ひとりに合ったスピードで学習できるのが大きな特徴です。ゆっくり学習する子もいる一方で、先取り学習をする子もいるため、一人ひとりの個性を育むことができます。

子どもの個性を伸ばすなら学研教室がオススメ

教室で勉強する子どもたち

子どもの個性を活かした教育を行い、子どもの個性を伸ばすことが大切です。ども自身が自分の性格や考え方を個性として受け止めるのはなかなかむずかしいため、保護者としては見守りながら子どもの個性を把握し、積極的にサポートしてあげたいですね

学研教室では、子ども一人ひとりの個性を伸ばす指導を行っています。また、学研教室において、先生やいっしょに学習するお友だちとの触れ合いを通して、多くのことを体験しながら学ぶことも個性を伸ばすのに役立つでしょう。学研教室の教材や雰囲気を知るためにも、ぜひ一度学研教室の無料体験を訪れてみてはいかがでしょうか。

学研教室の無料体験情報はこちらへ

お近くの学研教室検索はこちらから

この記事の監修・執筆者

編集部員 こそだてまっぷ編集部

未就学から中学生までの子を持つママ編集者を中心に、子どもの学びや育ちに関する様々な情報を日々発信しています!

HP
https://kosodatemap.gakken.jp/

こそだてまっぷ

こそだてまっぷから
人気の記事がLINEに届く♪

あわせて読みたい

おすすめ情報

こそだてまっぷ

こそだてまっぷから
人気の記事がLINEに届く♪

関連記事

この記事の監修・執筆者の記事