東田 大志

監修者

パズル研究者

東田 大志

ひがしだ ひろし/小学校2年生から紙と鉛筆で解くパズルに夢中になり、中学生でパズルを自作するようになる。受験勉強もパズルのように考え、京都大学現役合格。2016年 京都大学大学院で世界初の「パズル学」で博士号を取得。 パズルの楽しさを多くの人に知ってもらいたいと、自作パズルをビラにして、各地の街頭で配布する活動を行う。新聞雑誌でのパズル制作、カードゲーム考案、クイズ番組出演など精力的に活動。
現在、フジテレビ系列「今夜はナゾトレ」に出演中。

主な著書:『〈東大・京大式〉頭がよくなるパズル』(文春新書)『京大・東田式 頭がよくなる国語パズル』(朝日学生新聞社)『すべての論理思考はパズルが教えてくれる』(PHP研究所) 『京大・東田式 頭がよくなるナゾトキ漢字パズル』(幻冬舎)